“新生”ヴィッセル神戸にイニエスタの入り込む余地なし。ベンゲル招聘も疑問、ついに見えた最適解

「センターバックが3人いることで、各々が守るスペースが狭くなる。加えて、1人がいったとしても残る2人がカバーする状況なので、より自信をもってチャレンジにいけると思う」

ビジャの「慣れているポジション」

 前線の選手配置も変わっていた。スペイン代表で歴代最多となる、通算59ゴールという肩書きを引っさげて、今シーズンからヴィッセルに加入したFWダビド・ビジャにとっては、タッチラインが視野に入るほど左サイドに張る、慣れ親しんだポジションに戻ったことになる。

 実はセレッソ大阪との開幕戦でも、極端なほど左サイドに張り続けた。そして、右タッチライン際には元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキ。中央にはFCバルセロナおよびスペイン代表で一時代を築いたレジェンド、MFアンドレス・イニエスタがいわゆる“ゼロトップ”の形で入る。

 昨秋から指揮を執り、4月17日に電撃辞任したスペイン人の知将、フアン・マヌエル・リージョ前監督が打ち出した、“VIPトリオ”による超攻撃的な布陣。しかし、可能性を感じさせながらもセレッソに完封負けを喫したことで、ビジャは第2節から中央に陣取るようになった。

「セレッソ戦を含めて、これまで何度も左サイドでプレーしてきたし、自分にとっては非常に慣れているポジションだった。監督から求められれば、どこでもプレーするつもりでいる」

 スペイン代表でも、バルセロナをはじめとするヨーロッパのクラブでも、ビジャは左サイドからドリブルでカットインして、利き足の右足でシュートを放つスタイルでゴールを量産してきた。もっとも、セレッソとの開幕戦とは感覚が違ったとベルマーレ戦後に明かしている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ヴィッセル神戸 イニエスタ
  2. ヴィッセル神戸 ルーカス・ポドルスキ
  3. ヴィッセル神戸 移籍
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ヴィッセル神戸 + 移籍」のおすすめ記事

「ヴィッセル神戸 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「ヴィッセル神戸 + イニエスタ」のおすすめ記事

「ヴィッセル神戸 + イニエスタ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「サガン鳥栖」のニュース

次に読みたい関連記事「サガン鳥栖」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。