コパ・アメリカ日本代表、久保建英だけでない注目選手。川口能活超えの年少出場、J全試合出場は誰?

コパ・アメリカ日本代表、久保建英だけでない注目選手。川口能活超えの年少出場、J全試合出場は誰?
左から大迫敬介、久保建英、杉岡大暉、三好康児【写真:Getty Images】

 現地時間14日に開幕するコパ・アメリカ(南米選手権)。招待国として出場する日本代表は17日のチリ戦を皮切りに、まずはグループステージ3試合を戦うことになる。

 22歳以下の東京五輪世代の選手が18名を占めた今回のメンバーの中には、13名の初招集メンバーが含まれている。9日のキリンチャレンジカップ・エルサルバドル戦で代表デビューを果たした久保建英以外にも、要注目の選手たちが名を連ねている。

 GKの大迫敬介は今季、サンフレッチェ広島で全14試合にフル出場を果たし、先に行われたキリンチャレンジカップ2019に初招集。ベンチ入りを果たしたものの、出番はなかった。

 コパ・アメリカで19歳の大迫敬介が初出場を果たした場合は、ともに21歳で代表デビューを飾った川口能活楢崎正剛を超える年少記録となる。GK3名の中では、唯一所属クラブで出場機会を得ており、コパ・アメリカでの出番も十分に考えられる。

 湘南ベルマーレの杉岡大暉は、これまで年代別の代表活動のために欠場した9試合以外、3シーズンのリーグ戦すべてに出場している。3年目ながらその出場数は81試合を数え、待望論があったA代表に満を持して選出された。

 湘南では主に3バックの左と左WBを務め、無尽蔵なスタミナでサイドを上下動する。セットプレーのキッカーを任されることもあり、昨年のルヴァンカップ決勝では、決勝点となるミドルシュートを決めるなど、左足のキックは日本代表の武器になるだろう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年6月10日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。