日本代表はチリ代表をどう封じる? 植田直通、冨安健洋、板倉滉の3バックは世界に通じるか【コパ・アメリカ】

日本代表はチリ代表をどう封じる? 植田直通、冨安健洋、板倉滉の3バックは世界に通じるか【コパ・アメリカ】
森保式3バックは世界にも通じるのか。今回のチリ戦でそうした部分が試されそうだ【写真:Getty Images】
日本代表、初戦の予想スタメンは?

 サッカー日本代表は現地時間17日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)の初戦となるチリ代表選を迎える。今大会は2020年東京五輪を目指すU-22世代の選手を中心に構成しており、フォーメーションも同世代のベースとなっている3-4-2-1となる可能性が高い。ワールドクラスの攻撃陣が揃うチリを相手に植田直通、冨安健洋、板倉滉の3バックはどのような戦いを見せるか。(取材・文:元川悦子【サンパウロ】)

——————————

 コパ・アメリカ2019が14日に開幕し、開催国・ブラジルがボリビアを3-0で一蹴し、幸先のいいスタートを切った。その一方でブラジルに並ぶ優勝候補のアルゼンチンはコロンビアに0-2で完敗。リオネル・メッシも呆然とするしかなかった。

 そんな中、日本は17日に初戦・チリ戦を迎えるが、2015・2016年大会2連覇中の強豪から勝ち点を取るのは難易度が非常に高い。攻め込まれる時間帯も長くなると想定されるだけに、日本としては強固な守備を構築するところから始めなければならない。大一番を2日後に控えた15日の非公開練習でも森保一監督はそのあたりを入念に確認したと見られる。

 チリは4-3-3システムが有力。最前線には右からホセ・ペドロ・フエンサリダ、エドゥアルド・バルガス、アレクシス・サンチェスが陣取る方向だ。中盤の要であるアルトゥーロ・ビダルも球際の激しさを前面に押し出し、ボールを奪って素早い展開を仕掛けてくる。そのあたりの特徴を踏まえつつ、日本は相手の自由を奪って主導権を握らせないような賢い戦いをする必要がある。


あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年6月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。