最年少出場記録更新のフラムMF、今夏フリーで移籍へ。バルサとライプツィヒが獲得狙う

最年少出場記録更新のフラムMF、今夏フリーで移籍へ。バルサとライプツィヒが獲得狙う
ハーベイ・エリオット【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグのフラムに所属するU-17イングランド代表MFハーベイ・エリオットが同クラブの契約更新オファーを拒否し、フリーでの移籍が可能となる。同選手にはバルセロナやライプツィヒが興味を示しているようだ。英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の15日に報じた。

 現地時間の先月4日、フラムはプレミアリーグでウォルバーハンプトンと対戦。この試合でベンチ入りしたエリオットは、88分から途中出場している。2003年4月4日生まれのエリオットは、16歳30日でプレミアリーグデビューを飾った。今季はトップチームで3試合に出場となっている。

 そんなエリオットはフラムの契約更新オファーを拒否。フリーでの移籍が可能となる。この16歳の超逸材にはバルセロナとドイツのライプツィヒが興味を示している。

 昨年9月に15歳でリーグカップに出場した際にエリオットについて、フラムのスコット・パーカー監督は「この3週間、彼は練習で際立っていた。特別な才能があり、我々は彼を最善の形で育てたい」と話していた。プレミアの最年少出場記録を塗り替えた16歳はどのクラブに移籍することになるのだろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年6月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。