久保建英と中島翔哉。「非常にやりやすい」と語る2シャドーは、チリ守備陣をどう崩すか?【コパ・アメリカ】

久保建英と中島翔哉。「非常にやりやすい」と語る2シャドーは、チリ守備陣をどう崩すか?【コパ・アメリカ】
久保建英は2シャドーについて「非常にやりやすい」と話す【写真:Getty Images】
3-4-2-1でのスタートが濃厚

日本代表は現地時間17日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグ初戦となるチリ代表戦を迎える。日本は3-4-2-1の布陣で臨むことが濃厚。カギを握るのは、中島翔哉久保建英が並ぶ2シャドーとなるだろう。(取材・文:元川悦子【サンパウロ】)

————————————————

「チリはコパ・アメリカで2015・16年に優勝している偉大なチーム。最低でも勝ち点1を拾っていけるような粘り強い戦いをしたい」

 森保一監督が現地時間16日の前日会見で力強く語った通り、17日のコパ・アメリカ初戦・チリ戦は、東京五輪世代中心の若き日本にとって非常にハードルの高い相手だ。勝ち点3奪えれば最高のシナリオだが、勝ち点1を確保しておけば、グループリーグ突破につながる確率も上がる。8強入りを現実にするためにも、今回は守備第一の戦いが求められてくるだろう。

 指揮官は「システムはこれから考えます」とぼやかしたが、U-22世代のここまでの積み重ねを考えると3バックでのスタートが濃厚だ。ただ、相手が攻め込んでくる時間帯は両ウイングバックが下がって5バック気味になることも想定される。

 そういう状況下でゴールをこじ開けようと思うなら、前線に爆発的なスピードと打開力、決定力が必要になってくる。今回は1トップに韋駄天・前田大然、2シャドーに久保建英と中島翔哉という前線3枚で勝負を賭ける可能性が大だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 久保建英 U-20ワールドカップ
  2. 久保建英 バルセロナ
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年6月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュース

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。