【ハーフタイム速報】日本代表、強豪チリと互角の奮闘も…前半終了間際にCKから失点【コパ・アメリカ】

【ハーフタイム速報】日本代表、強豪チリと互角の奮闘も…前半終了間際にCKから失点【コパ・アメリカ】
日本代表初先発を飾った久保建英【写真:田中伸弥】

【日本 0-1 チリ コパ・アメリカ2019 C組第1節】

 コパ・アメリカ2019のグループC第1節が現地17日に行われている。日本代表はチリ代表と激突し、前半を0-1で終えた。

 日本の先発はGKに大迫敬介、DFに右から原輝綺、植田直通、冨安健洋、杉岡大暉、MFの中央に柴崎岳と中山雄太、右サイドに前田大然、左サイドに中島翔哉、そして上田綺世と久保建英、ともにA代表初先発の2人が2トップを組んだ。

 東京五輪世代の基本システムだった3-4-2-1ではなく4-4-2で臨んだ日本に対し、チリは予想通りの4-3-3で対抗。負傷の影響が心配されたアレクシス・サンチェスも先発に名を連ね、アルトゥーロ・ビダルやガリー・メデルらおなじみのメンバーが揃った。

 日本は序盤の12分に中島が蹴った左コーナーキックに植田が頭で合わせるなど、強豪チリ相手にいくつもチャンスを作ったが無得点。守備陣もインテンシティの高い相手に粘り強く対応し、前半終盤までノーゴールに抑える。

 しかし41分、コーナーキックを得たチリはシャルレス・アランギスの蹴ったボールに、ファーサイドでエリック・プルガルが合わせる。長身MFのヘディングシュートがゴールネットに突き刺さり、チリに先制を許してしまった。

 その後はスコア動かず。44分に日本は高い位置でボールを奪い、柴崎のスルーパスに抜け出した上田がゴール右から狙うもシュートはサイドネット。さらなる失点のピンチはGK大迫のキャッチで切り抜け、0-1のチリ1点リードで前半を終えている。

【得点者】
41分 0-1 プルガル(チリ)

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年6月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。