中山雄太、チリ戦で感じた世界との差。「ミスなく続ける技術の高さ」【コパ・アメリカ】

中山雄太、チリ戦で感じた世界との差。「ミスなく続ける技術の高さ」【コパ・アメリカ】
中山雄太【写真:Getty Images】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループステージC組第1節の日本代表対チリ代表戦が現地時間17日に行われ、チリが4-0の勝利を収めた。MF中山雄太はボランチとして先発フル出場を果たし、A代表デビューとなった。

 A代表デビュー戦について中山は「最初の10分、15分は前から行こうというのはあったので、そこは勢いよく行けた部分はありますけど、時間が経ってから相手にボールを持たれた時間は、僕自身すごく、もっともっと改善すべきかなと思いました」と反省点を挙げた。

 4失点に関して中山は「もちろん、できた点、できなかった点がありますけど、4失点という部分には真剣に捉えないといけない部分と、僕らがノーチャンスかというとそうでもなかったので、しっかりと決めきれなかったという部分が0-4の差なのかなと思います」と話した。

 チリとの差を聞かれた中山は「チリの選手、特に難しいことはしなかったですけど、難しくないプレーをミスなく続ける技術の高さはすごく、差というか勉強になる部分があるなと思いました。個人で言えば、なにかこう…、新たな発見というのはなかったですけど、やはりチームとしてのクォリティーというのはすごく高いなと思いました」と話した。

 勉強になった技術の面を磨いて、さらに世界との差を縮めてもらいたい。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年6月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。