日本代表、自ら起こした“ドタバタ自滅”。失点の引き金となった2つのミスとは?【コパ・アメリカ】

日本代表、自ら起こした“ドタバタ自滅”。失点の引き金となった2つのミスとは?【コパ・アメリカ】
ミスからピンチを招いてしまった柴崎岳【写真:田中伸弥】

【日本 1-1 エクアドル コパ・アメリカ2019】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループリーグC組第3節のエクアドル代表対日本代表戦が現地時間24日に行われ、1-1のドローに終わった。

 15分に中島翔哉のゴールで先制した日本は、自らのミスにより、エクアドルに主導権を渡してしまった。

 23分の場面では、バックパスを受けた川島永嗣が冨安健洋に出したパスが、アンヘル・メナにカットされてしまう。エネル・バレンシアのシュートは力なく川島の手に収まったが、失点していてもおかしくなかった。

 日本のミスは続く。26分、自陣で川島からパスを受けた柴崎岳が冨安へとパスを出すが、2対3の数的不利な状況を作られてしまう。すると、冨安が柴崎へ送ったリターンパスがバレンシアにカットされてしまった。結果的にバレンシアのファーストタッチが大きくなり事なきを得たが、不要なピンチを自らのミスから招いてしまった。

 35分の失点シーンは、そんな浮ついた状況の中で生まれた。エクアドルは右サイドからのクロスをあげると、ファーサイドにいた岩田智輝は落下地点を見誤ってしまい、相手選手をフリーの状態に。これがエクアドルの同点弾につながってしまった。

 ミスから主導権を渡してしまった日本は、先制してから同点弾を許すまでの約20分間で、久保建英の1本しかシュートを放てず。対するエクアドルは4本目のシュートがゴールになった。

 前半終了前にいくつかシュートまで持ち込むシーンはあったが、後半になっても主導権はエクアドルのまま。後半は66分に入った上田綺世が直後にシュートを放つまで、20分以上シュートがなかった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年6月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。