柴崎岳、若手の台頭と競争の激化を歓迎。東京五輪世代は「僕らに食ってかかっていくべき」【コパ・アメリカ】

柴崎岳、若手の台頭と競争の激化を歓迎。東京五輪世代は「僕らに食ってかかっていくべき」【コパ・アメリカ】
日本代表のMF柴崎岳【写真:田中伸弥】

 同じ引き分けでも、ウルグアイ戦とは終了後の状況は全く異なる。現地24日に行われたコパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグ第3節で、日本代表はエクアドル代表と1-1で引き分けた。

 各組3位のうち成績上位2チームも決勝トーナメントに進出できるが、グループCで3位になった日本は、グループBで3位担ったパラグアイ代表に得失点差で及ばず。あと一歩のところでコパ・アメリカ決勝トーナメント進出を逃した。

 試合後、今大会でチームキャプテンを務めたMF柴崎岳は「残念ですね。勝つチャンスは十分あったと思うし、それをモノにできなかった僕らの力不足だと思います。誰がというわけじゃなくて、チームとしての力のなさだと思いますし、(チャンスを)ものにしなければ決勝トーナメントに進めないので、これが現時点での実力だと思います」とドロー決着によるグループリーグ敗退を悔やんだ。

 大会中、柴崎はキャプテンやリーダーとしての自覚のみならず、チーム全体や若手選手に対する考えもまっすぐに語ってきた。そしてコパ・アメリカを終えた今、改めて次世代の選手たちへの思いを口にする。

「試合ごとに成長していく彼らの姿を、僕だけじゃないですし、メディアの皆さんも見ていたでしょうし、これを大きな財産として成長しなければいけないと思う。A代表でプレーしている身としては、今いる僕らの世代に食ってかかっていくべき世代だと思いますし、そういった競争力を生むことが選手層の厚さにもつながってくる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 柴崎岳 ヘタフェ
  2. 柴崎岳 日本代表
  3. 柴崎岳 真野恵里菜
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年6月25日のサッカー記事
「柴崎岳、若手の台頭と競争の激化を歓迎。東京五輪世代は「僕らに食ってかかっていくべき」【コパ・アメリカ】」の みんなの反応 1
  • 名無し 通報

    各クラブで頑張っている川島選手、権田選手、吉田選手、槙野選手、長友選手、高徳選手、山口選手、宇佐美選手、香川選手、本田選手、岡崎選手、宮市選手、上田選手、そして柳沢さん、頑張って下さい

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「柴崎岳 + 移籍」のおすすめ記事

「柴崎岳 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「柴崎岳 + 日本代表」のおすすめ記事

「柴崎岳 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「今野泰幸」のニュース

次に読みたい関連記事「今野泰幸」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。