日本女子は惜しくも準優勝。ハンガリー&スロバキアが「レッドブル・ネイマール・ジュニア・ファイブ」ワールドファイナルを制覇!

日本女子は惜しくも準優勝。ハンガリー&スロバキアが「レッドブル・ネイマール・ジュニア・ファイブ」ワールドファイナルを制覇!
「レッドブル・ネイマール・ジュニア・ファイブ」ワールドファイナルの女子の部で準優勝を果たしたCienciaボスベイビーの選手たちとネイマール

 現役ブラジル代表のスーパースター、ネイマールが考案した新感覚5人制サッカーの世界大会「レッドブル・ネイマール・ジュニア・ファイブ」のワールドファイナルが現地12日から13日にかけてブラジルで開催された。

 壁で囲われたピッチでGKなしの5対5を10分間行い、失点すると1人退場しなければならないストリートサッカーの要素が入った特殊ルール。終了時に得点の多い方が勝利するか、どちらかのチームが全員退場すれば勝敗が決まる。決勝トーナメントからは10分間を終えた時点で同点の場合、ゴールデンゴール方式の1対1に移行する。

 日本からは男女混合の部に「FC Capachild」が、女子の部に武蔵丘短期大学女子サッカー部の現役選手とOBで構成された「Cienciaボスベイビー」が参戦。いずれも12日のグループステージを各組1位で突破した。

 13日の決勝トーナメントで先に戦いの舞台に立ったのはFC Capachild。ラウンド16のフランス戦は10分間を0-0で終え、ゴールデンゴール方式の1on1へ。最後は江川雅信の渾身の突破をファウルで止めた相手選手がレッドカードで一発退場となり、FC Capachildに1点が入って準々決勝進出を果たした。

 しかし、“日本代表”はベスト8で力尽きた。ハンガリー代表に0-5と圧倒され、残り5分で全員がピッチを去った。その後、ハンガリー代表は順調に勝ち進むと、決勝でスペイン代表を2-0で下して初優勝を飾った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ネイマール Instagram
  2. ネイマール パリ・サンジェルマン
  3. ネイマール ブラジル代表
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年7月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ネイマール + 移籍」のおすすめ記事

「ネイマール + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「ネイマール + パリ・サンジェルマン」のおすすめ記事

「ネイマール + パリ・サンジェルマン」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「メッシ」のニュース

次に読みたい関連記事「メッシ」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。