久保建英、レアルでの適応は順調。クラブも“ノルウェーの神童”教訓に対応

久保建英、レアルでの適応は順調。クラブも“ノルウェーの神童”教訓に対応
久保建英【写真:田中伸弥】

 レアル・マドリーに加入した日本代表MF久保建英は、プレー以外の部分においても新チームに順調に馴染むことができているようだ。スペイン紙『アス』が伝えている。

 FC東京からマドリーへ移籍し、Bチームにあたるレアル・マドリー・カスティージャに加入することになった久保だが、トップチームのプレシーズンツアーに参加。世界的スター選手たちに混じって北米遠征に参加し、練習を行っている。

『アス』は現在スペインでプレーする他の日本人選手とも比較しつつ、久保の新天地適応について伝えている。現ベティスの乾貴士がエイバルに加入した際にはスペイン語とバスク語での短い挨拶も行ったが、それはクラブの準備したものだった。一方、現ヘタフェの柴崎岳はテネリフェに加入した当初適応に苦戦し、体調を崩すなどしてデビューまで時間を要した。

 かつてバルセロナ下部組織に在籍していた久保にとっては、環境面や言語面での不安は全くなさそうだ。コパ・アメリカ2019(南米選手権)に出場した際にも流暢なスペイン語を披露していた久保は、他にカタルーニャ語も不自由なく操るという。

 クラブも久保の適応を助けるため手を尽くしているようだ。母親の日本からスペインへの引っ越しに協力するほか、北米遠征ではカスティージャから招集された他の4人の選手たちと一緒に過ごさせ、グループを組ませているとのことだ。

 この対応は、「マルティン・ウーデゴーの失敗を繰り返さないため」だとみられている。16歳でマドリーに加入したノルウェー代表MFは、カスティージャで試合に出場する以外はトップチームで過ごしていたことで、カスティージャには馴染めず苦戦していた。久保に関してはトップチームに参加させつつ、カスティージャでもシーズンをスムーズにスタートさせることができるよう配慮しているようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 久保建英 U-20ワールドカップ
  2. 久保建英 バルセロナ
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年7月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「堂安律」のニュース

次に読みたい関連記事「堂安律」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。