新生チェルシーの新戦術とは? フロンターレに敗戦も…見えた前任者との変化と心配事

新生チェルシーの新戦術とは? フロンターレに敗戦も…見えた前任者との変化と心配事
川崎フロンターレと対戦したチェルシー【写真:Getty Images】
より攻撃的な内容に

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019、チェルシー対川崎フロンターレの一戦が19日に行われ、イングランドの強豪は0-1で敗戦を喫した。シーズン開幕前という段階のため、勝ち負けそのものは重要ではないかもしれない。ただ試合内容も、新生チェルシーの姿が垣間見えたという意味で、非常に大きなインパクトがあった。では具体的にどのような内容だったのだろうか。(取材・文:内藤秀明)
——————————————–

 もともとチェルシーといえば、この10~20年間は守備的なサッカーをすることのほうが多かった。その典型例はモウリーニョ政権だろうか。ポルトガル人の名将は、相手の悪い部分を浮き彫りにするためにも受け身のサッカーにすることがおおい。

 あるいは直近で言うと2016年から2年間監督を務めた、アントニオ・コンテ監督の下でも同様だ。3-4-3を基本システムとしたイタリア人監督のサッカーは、原則的にカウンター志向が強く、どちらかといえば守備的だった。

 そういう意味では昨年、マウリツィオ・サッリが監督に就任した時には、大きな変化になると思われた。実際、サッリはチェルシーに攻撃的なパスサッカーを持ち込んでいる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 川崎フロンターレ ジュニアユース
  2. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  3. 川崎フロンターレ 大島僚太
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年7月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事をもっと見る

「川崎フロンターレ + 大島僚太」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 大島僚太」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。