セレッソ・ロティーナ監督が語る日本サッカー「競争をもう少し学べば、一気に飛躍する」【インタビュー後編】

セレッソ・ロティーナ監督が語る日本サッカー「競争をもう少し学べば、一気に飛躍する」【インタビュー後編】
ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督はセレッソ大阪を次のステージに導けるか【写真:Getty Images】
日本で感銘を受けたファンの文化

 現在セレッソ大阪を率いるミゲル・アンヘル・ロティーナ監督は、指導者として25年以上のキャリアを積み重ねてきた。その経験によって培われた指導哲学とはいかなるものなのだろうか。日本サッカーへの造詣の深さも垣間見られるインタビューをスペイン『パネンカ』誌のウェブ版から、許可を得て抄訳し掲載する。今回は後編。(取材・文:イバン・バルガス【パネンカ】、翻訳:江間慎一郎)

———

――日本にやって来たとき、東京ヴェルディでまずはあなたたちのスタイルを教え込もうとしたのですか? それとも日本にあるものに適応した?

「2つの融合だよ。私たちはスペインに存在する優れたものを持ち込もうとしたが、それと同様に彼らの持ち味を生かそうとも試みた。フットボールのアイデアはもちろん私たちのものだが、しかし練習のやり方は大分変えたね。最初からボールを使った練習をすることに彼らはとても驚いていた。スペインで同様のことが起こったのは30年前であり、それまではあそこでも最初の数週間の練習を走ったり、フィジカルの調整に費やしていた。

フィジカルも大切だがそれは補足的なもので、技術及び戦術の方が重要だ。それをここの選手たちに説明したとき、彼らは理解に苦しんでいた。しかし事はうまく運んだ。人を説き伏せることにおいて、結果を出す以上の方法など存在しないというわけだ」

――選手たちにとって、慣れないことを受け入れるのは簡単なことではないしょうね。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. セレッソ大阪 ジュニアユース
  2. セレッソ大阪 山口蛍
  3. セレッソ大阪 杉本健勇
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年8月6日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「セレッソ大阪 + ジュニアユース」のおすすめ記事

「セレッソ大阪 + ジュニアユース」のおすすめ記事をもっと見る

「セレッソ大阪 + 山口蛍」のおすすめ記事

「セレッソ大阪 + 山口蛍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら