2010年W杯出場の元ホンジュラス代表FWが急死。滞在先のニューヨークで心臓発作

2010年W杯出場の元ホンジュラス代表FWが急死。滞在先のニューヨークで心臓発作
ウォルター・マルティネス【写真:Getty Images】

 中国スーパーリーグの北京国安が12日、かつて同クラブでプレーしていた37歳の元ホンジュラス代表FWウォルター・マルティネスが急死したと発表。

 クラブの発表によると、マルティネスが滞在先のニューヨークで心臓発作を起こし帰らぬ人になったという。北京国安はクラブのオフィシャルサイトを通じて「マルティネスの家族に心からお悔やみ申し上げます。天国にサッカーがあり、怪我がないことを願っています。北京はいつもあなたを恋しく思うでしょう」とコメントした。

 マルティネスはホンジュラス代表として通算49試合に出場し12得点を記録。2010年ワールドカップにも参加し、グループリーグの3試合に出場していた。北京国安に在籍していた時にはACLでもプレーしており、2008年の鹿島アントラーズ戦などに出場している。

あわせて読みたい

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年8月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。