ハリル氏、モロッコ監督就任決定。4ヶ国目の代表指揮官就任

ハリル氏、モロッコ監督就任決定。4ヶ国目の代表指揮官就任
モロッコ代表監督就任が決まったヴァイッド・ハリルホジッチ氏【写真:Getty Images】

 王立モロッコサッカー連盟は15日、ヴァイッド・ハリルホジッチ氏の監督就任を発表した。

 ハリルホジッチ氏は6月に行われたアフリカネイションズカップのベスト16で敗れ辞任したエベル・ルナール氏(現在はサウジアラビア代表監督)の後任監督となる。

 67歳のハリルホジッチ氏にとって代表監督を務めるのはコートジボワール(2008年から2010年)、アルジェリア(2011年から2014年)、日本(2015年から2018年)に続き4カ国目となる。

 昨年10月にナントの指揮官に就任したハリルホジッチは降格圏に低迷していたチームを立て直し、昨季はリーグ戦12位で終えた。しかし新シーズンに向けた補強方針でクラブと意見が合わなかったようで今月3日に辞任した。

あわせて読みたい

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年8月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら