ヴィッセル・酒井高徳が担う「懸け橋」の役割。狂った歯車を噛み合わせる類稀なるリーダーシップ

ヴィッセル・酒井高徳が担う「懸け橋」の役割。狂った歯車を噛み合わせる類稀なるリーダーシップ
ヴィッセル神戸に加入した酒井高徳【写真:Etsuko Motokawa】
酒井高徳が多国籍軍団の懸け橋に

ハンブルガーSVに所属していた酒井高徳が14日、ヴィッセル神戸へ完全移籍し、17日の浦和レッズ戦で7年半ぶりのJリーグ復帰を果たした。Jリーグ屈指の戦力を誇りながら15位と低迷する神戸に、ドイツ名門クラブの主将を務めた男は何をもたらすのだろうか。加入早々に見えたその効果と、酒井が果たす役割とは。(取材・文・写真:元川悦子)
—————————————————-

 フェルナンド・トーレスの現役ラストマッチとなるサガン鳥栖戦を3日後に控えた20日。猛暑の神戸・いぶきの森練習場で、28歳の新戦力DF酒井高徳が精力的にトレーニングに励んでいた。

 練習中には、親友・山口蛍ら日本人選手はもちろんのこと、得意なドイツ語を駆使してルーカス・ポドルスキやセバスチャン・ハーン・ヘッドコーチらと積極的にコミュニケーションを取る。そしてゲーム形式に入ると、ドイツ・ブンデスリーガ仕込みの激しい球際と寄せを随所に披露する。7年半ぶりにJ復帰を果たした彼の一挙手一投足を、トルステン・フィンク監督も頼もしそうに見つめていた。

「今季からJリーグの外国人枠が5人と広がって、今は試合に出ている半分が外国人になった。そこで何も喋らない状態になってしまったら、サッカーは難しいと思うんです。試合中は観客の声でかき消されることも多いけど、実際の選手はピッチ内ですごく喋っているし、それがなくなってしまったらチームとして機能しなくなる。僕はその懸け橋になりたいし、どんどん声をかけたいと考えてます。今回、日本に戻ってきましたけど、自分はもともと外国人を相手にしていたんで、環境が変わった感じはない。そういう意味ではすごくやりやすいですね」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 酒井高徳 Instagram
  2. 酒井高徳 引退
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年8月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「酒井高徳 + 引退」のおすすめ記事

「酒井高徳 + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「酒井高徳 + Instagram」のおすすめ記事

「酒井高徳 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。