マンチェスター・ユナイテッドはトップ10で満足せよ。性急な若返りに低レベルの中盤争いに疑問【粕谷秀樹のプレミアリーグ補強診断(2)】

マンチェスター・ユナイテッドはトップ10で満足せよ。性急な若返りに低レベルの中盤争いに疑問【粕谷秀樹のプレミアリーグ補強診断(2)】
ワン=ビサカ、マグワイア、D・ジェームズの獲得には成功したが…【写真:Getty Images】
ルカク&サンチェス放出でなぜ…

 2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はプレミアリーグでおなじみの粕谷秀樹氏がマンチェスター・ユナイテッドの補強を読み解く。(文:粕谷秀樹)

——————————

【補強診断】不安。要再検査
【疑問点】性急な若返り
【キープレーヤー】ポグバ
【ノルマ】トップ10

 (1)ダビド・デ・ヘアの契約延長、(2)スピード豊かな右サイドバック、(3)超一線級のセンターバック、(4)中盤センターのテコ入れ、(5)本格派のウイング、(6)20ゴール前後が期待できるアタッカー。

 マンチェスター・ユナイテッドは、6つものテーマを抱えて移籍市場の開幕を迎えた。

 サインには至っていないものの、デ・ヘアとの契約更新は確実だ。クリスタル・パレスからやって来たアーロン・ワン=ビサカは右サイドバックの不安を一掃した。ハリー・マグワイアという有能なセンターをレスターから獲得し、ダニエル・ジェームズ(スウォンジーから移籍)はウイングの定位置をつかみそうな勢いだ。6テーマのうち4つをクリアできたのだから、及第点をつけたくもなる。

 しかし、アタッカーは獲れなかった。なぜマリオ・マンジュキッチ(ユベントス)を、フェルナンド・ジョレンテ(ナポリ)を取り逃がしたのだろうか。ロメル・ルカクとアレクシス・サンチェスが退団(ともにインテル・ミラノへ移籍)することは、だれの目にも明らかだった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. マンチェスター・ユナイテッド 監督
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年9月9日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「マンチェスター・ユナイテッド + 監督」のおすすめ記事

「マンチェスター・ユナイテッド + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュース

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マンチェスター・シティ」のニュース

次に読みたい関連記事「マンチェスター・シティ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら