日本代表、ツッコミどころ満載の攻撃の形。ミャンマー戦で浮き彫りになった組織の乏しさ【西部の目】

ツッコミどころのある攻撃のデザイン

 ガラ空きのサイドを長友佑都酒井宏樹が使うか、密集に入って大迫勇也、南野、中島、堂安のインプロビゼーション(即興)というアプローチだった。4人のアタッカーが即興で同じ「絵」を描けるのは強みではあるが、あれほどスペースを自ら狭めていて打開するのは難しく、実際にミャンマーに対してもさして有効ではなかった。

 サイドを使う場合は、例えば長友と中島の前後関係が完全に入れ替わってしまうが、相手がカウンターに転じたときにこれが常態でいいのかという疑問も残る。また、長友、酒井がクロスボールを蹴る状況を、今後もミャンマー戦のように簡単に作れるとも思えない。

 さまざまツッコミどころのある攻撃のデザインであり、ミャンマーに対してこれといった組織的なチャンスメークがほとんどなかったことからも、このままで良いとは到底言えそうもない。

組織と即興のバランス

 後半に伊東純也、鈴木武蔵、久保建英を投入して、大迫以外の前線3人を入れ替えた。これでようやくアタッカーが高い位置でプレーし、手持ちぶさただったボランチにも本来の攻撃面での仕事が回ってきた。ただ、それで劇的に良くなったかといえばそうでもなく、個人技と即興的なプレーに終始していた。

 プレー原則さえあれば、即興で事足りるチームもある。しかし、日本はおそらくそうではない。2次予選はこれでも問題ないとしても、その先は何ともいえない。

 また、オーガニゼーション(組織)は必ずしもインプロビゼーション(即興)の邪魔にもならない。現状の日本は攻撃面で組織がなさすぎるか、組織の作り方が有効ではない。ミャンマー戦ではそれが表れていた。個々の能力は高く、ミャンマーとの個の力量差は歴然だった。それが試合内容とスコアに反映されていないのは、能力を発揮するための器のほうに問題があると考えるのが自然である。


あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年9月11日のサッカー記事
「日本代表、ツッコミどころ満載の攻撃の形。ミャンマー戦で浮き彫りになった組織の乏しさ【西部の目】」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    日本人評論家ではなく確かな目をもった外国人評論家の戦評が読みたい。日本のサッカー文化はまだまだ「お抱え外国人指導者」が必要なレベルなんだから。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら