マンチェスター・シティ、CL制覇へ早くも不安が噴出。厳しい懐事情はUEFAへの忖度だ【粕谷秀樹のプレミアリーグ補強診断(4)】

マンチェスター・シティ、CL制覇へ早くも不安が噴出。厳しい懐事情はUEFAへの忖度だ【粕谷秀樹のプレミアリーグ補強診断(4)】
マンチェスター・シティを率いるペップ・グアルディオラ監督【写真:Getty Images】
UEFAに対する忖度か

【補強診断】不安。要再検査
【疑問点】予期せぬ財政の問題
【キープレーヤー】デブライネ、スターリング
【ノルマ】チャンピオンズリーグ優勝

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、『BBC』(英国公共放送)にこう語った。

「センターバックの補強を見送ったのは、財政的に余裕がなかったからだ。われわれの強化部門は問題なく機能している。ただし、毎シーズンのように巨費を投下するのはさすがに難しい」

 グアルディオラ監督招聘後、4年で900億円以上の投資を図ってきたが、オーナー企業の『アブダビ・ユナイテッド・グループ』(ADUG)はついに躊躇した。DFハリー・マグワイアとの獲得競争でマンチェスター・ユナイテッドに屈している。また、左サイドバックも同様だろう。ベン・チルウェル(レスター)との交渉から早々に降りた背景に財政的な問題があったとは、考えてもみなかった。

 もちろん、移籍金を調達しようとはしていた。ダニーロ(→ユベントス)やファビアン・デルフ(→エヴァートン)などを放出し、78億円ほどの利益を得ている。今夏の補強費は総額およそ170億円で、90億円前後のマイナスとはいえ、テレビ放映権料や広告収入、スポンサーとの契約料などで十分にカバーできる。

 しかし、シティの財政はたびたびUEFAのターゲットにされてきた。他クラブなら許される問題でも、なぜかプレミアリーグのチャンピオンはファイナンシャル・フェアプレーの対象になる。したがって『ADUG』が、「この夏だけは待ってくれ」とグアルディオラ監督にブレーキをかけたのではないだろうか。UEFAに対する忖度だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. マンチェスター・シティ 監督
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年9月12日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュース

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュース

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら