リバプール、ニューカッスルに逆転勝利で開幕から無敗維持!武藤嘉紀は後半途中から出場

リバプール、ニューカッスルに逆転勝利で開幕から無敗維持!武藤嘉紀は後半途中から出場
モハメド・サラー【写真:Getty Images】

【リバプール 3-1 ニューカッスル プレミアリーグ第5節】

 イングランド・プレミアリーグ第5節、リバプール対ニューカッスルが現地時間14日に行われた。試合はホームのリバプールが3-1で勝利を収めた。

 開幕から4連勝中のリバプールはモハメド・サラーとサディオ・マネが起用されたが、ロベルト・フィルミーノがベンチスタート。ディボック・オリギが先発に名を連ねた。一方、ニューカッスルはFWにジョエリントンを起用。FW武藤嘉紀はベンチスタートとなり、67分から途中出場を果たした。

 先制したのはニューカッスルだった。7分、自陣右サイドのスローインから細かく繋ぎ、前線に大きく展開する。これをアツが競り勝ち、マイボールに。前を向いたアツは、左サイドを走ってきたウィレムスへパスを供給。ウィレムスは中へのカットインから右足を振り抜く。これがゴール右に決まり、ニューカッスルが先制となった。

 だが、リバプールが前半のうちに追いつく。28分、左サイドを抜けたロバートソンがマネにマイナスのパスを供給。ペナルティエリア左で受けたマネはワントラップから右足を振り抜く。これがゴール右に決まり、リバプールが同点に追いついた。

 逆転を目指すリバプールにアクシデントが襲う。37分、オリギは足首を負傷し、フィルミーノと交代を余儀なくされた。だが、リバプールが逆転に成功する。40分、相手陣内でアツのボールを奪ったフィルミーノがマネにスルーパスを供給。このボールは長くなりドゥブラフカに防がれるが、ボールがマネのもとに溢れ、これをマネが押し込んだ。

 72分、ペナルティエリア手前の中央でサラーがフィルミーノに縦パス。サラーはワンツーでパスを受け、そのままペナルティエリア内に侵入。サラーが左の角度のない位置からシュートを放ち、ボールがゴール右に吸い込まれた。

 試合はこのまま終了し、リバプールが逆転勝利で開幕から無敗を維持している。

【得点者】
7分 1-0 ウィレムス(ニューカッスル)
28分 1-1 マネ(リバプール)
40分 2-1 マネ(リバプール)
72分 3-1 サラー(リバプール)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 武藤嘉紀 日本代表
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年9月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「武藤嘉紀 + 日本代表」のおすすめ記事

「武藤嘉紀 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「原口元気」のニュース

次に読みたい関連記事「原口元気」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「乾貴士」のニュース

次に読みたい関連記事「乾貴士」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら