レアル・マドリー、優勝でもクビ。2つの不可能を可能にした「銀河系軍団」誕生前夜【レアルの20年史(1)】

レアル・マドリー、優勝でもクビ。2つの不可能を可能にした「銀河系軍団」誕生前夜【レアルの20年史(1)】
2000年7月にレアル・マドリーの会長に就任したフレンティーノ・ペレス【写真:Getty Images】
借金完済とフィーゴ獲得

世界のフットボールシーンは、この約20年で大きく変わったと言える。ボスマン判決により欧州での選手の契約と移籍のあり方が変わり、今では100億円を超える契約解除金(移籍金)も珍しくはなくなった。その間、名門クラブはどのような変遷をたどったのか。レアル・マドリーの現代史を複数回に渡って取り上げる。(文:西部謙司)
—————————————————

 2000年7月、フロレンティーノ・ペレスが新しい会長に就任した。

 ペレスが会長に就任した時点で、クラブの借金は2億5000万ユーロあった。UEFAチャンピオンズリーグへの出場を拒否されうる金額であり、普通のクラブならとっくに潰れている。銀行への利息の支払いだけで7000万ユーロもあった。

 それでもレアルが潰れなかったのはレアルだからだ。返ってこないと知っていても銀行は金を貸した。レアル・マドリーは潰すわけにはいなかいクラブだった。借金漬けで身動きがとれないだったが、新会長は手品のような手腕で負債を帳消しにしたばかりか3億5000万ユーロを金庫に入れた。

 建設業界の大物であるペレスは、マドリード市の都市再開発計画に合わせて一等地にあった練習場(シウダード・デポルティバ)を売却、豪華な新しいトレーニングセンターを作っただけでなく一気に負債を完済してしまったのだ。


あわせて読みたい

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年9月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら