ゼニト、暴力事件で禁固刑のロシア代表FWと再契約

ゼニト、暴力事件で禁固刑のロシア代表FWと再契約
アレクサンドル・ココリン【写真:Getty Images】

 ロシア1部のゼニトが、暴力事件を引き起こした28歳のロシア代表FWアレクサンドル・ココリンと再契約を結んだ。18日に英メディア『BBC』が報じている。

 事件が起きたのは2018年10月8日の朝。ココリンはクラスノダール所属のパベル・ママエフと共にテレビ局のドライバーに暴行を加え、さらにモスクワ市内のカフェでロシア産業貿易省職員の男性に襲いかかった。カフェの椅子を持ち上げて男性に向けて振り下ろす様子が防犯カメラの映像に捉えられている。

 ドライバーの男性に関しては、ココリンとママエフを含む5人のグループが路上で騒いでいるのを咎めたところ、車から引きずり出されて暴行を受けたと伝えられている。男性は鼻骨骨折と頭部の負傷により病院で治療を受けることになった。

 また、ロシア産業貿易省職員の男性に関しては、ココリンとママエフらのグループがカフェで騒いでいるのを注意したことが争いの発端となり、男性は暴行を受けて頭部などを負傷した。ココリンは1年半の禁固刑を受けたが、現地時間17日に釈放されている。同メディアによると、シーズン終了までの契約を結んだという。

あわせて読みたい

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年9月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら