ELの試合に2万2000人の子供たちが集結! UEFAの新ルール適用で

ELの試合に2万2000人の子供たちが集結! UEFAの新ルール適用で
スタジアムに集まった子供たち【写真:Getty Images】

 現地時間19日にヨーロッパリーグ(EL)グループL組第1節が行われ、パルチザン対AZの試合は2-2の引き分けに終わった。この試合に約2万2000人の子供たちが訪れていたと、20日に英メディア『BBC』が報じている。

 試合が行われたのはパルチザンの本拠地であるスタディオン・パルチザーナ。しかし、そのスタジアムに大人の姿はまばら。実は、EL予選のイェニ・マラティアスポル戦でサポーターが人種差別的行為を行なったことにより、この日の試合が無観客試合になっていた。

 しかし、同メディアによると、今季から新しく導入された欧州サッカー連盟(UEFA)のルールにより、14歳以下の子供たちはスタジアムに入ることが可能になったという。そのため、約2万2000人の子供たちと、引率する教師など一部の大人が招待されたようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年9月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら