本拠地スタジアムに“C・ロナウド”の名を。古巣スポルティング会長が意欲

本拠地スタジアムに“C・ロナウド”の名を。古巣スポルティング会長が意欲
クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

 ポルトガル1部の名門クラブであるスポルティングCPのフェデリコ・バランダス会長は、同クラブの本拠地スタジアムに「クリスティアーノ・ロナウド」の名をつけることに意欲を示している。伊紙『トゥットスポルト』のインタビューに答えて語った。

 C・ロナウドは12歳時にスポルティングの下部組織に入団し、2002年に17歳でトップチームにデビュー。1年後にはマンチェスター・ユナイテッドへと移籍し、そこから世界トップクラスの選手へと登りつめていった。

 トップチームでプレーした期間は長くはなかったとはいえ、クラブの生んだレジェンドであるC・ロナウドの名を本拠地の名称として残そうという動きがある。バランダス会長は「その案を捨てることはないし、もちろん非常に誇らしいことだ」と実現に前向きな姿勢を見せた。

「クリスティアーノは我々のクラブの最大のシンボルのひとつであり、今後もそうあり続ける。世界最高のサッカー選手の名前がスポルティングと結び付けられることを誇りに思っている」と会長はスポルティングにとってC・ロナウドの存在が持つ意味の大きさを強調している。

 スポルティングの本拠地の現在の名称は「エスタディオ・ジョゼ・アルバラーデ」であり、クラブ創設者の名が冠されている。名称が変更されるとすれば、「CR7アレーナ」や「クリスティアーノ・ロナウド・スタジアム」なども候補だが、最も有力視されるのは「ジョゼ・アルバラーデ・CR7」だと伊紙は伝えている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. クリスティアーノ・ロナウド バロンドール
  2. クリスティアーノ・ロナウド ポルトガル代表
  3. クリスティアーノ・ロナウド ユヴェントス
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年10月12日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「クリスティアーノ・ロナウド + ポルトガル代表」のおすすめ記事

「クリスティアーノ・ロナウド + ポルトガル代表」のおすすめ記事をもっと見る

「クリスティアーノ・ロナウド + ユヴェントス」のおすすめ記事

「クリスティアーノ・ロナウド + ユヴェントス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「リオネル・メッシ」のニュース

次に読みたい関連記事「リオネル・メッシ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら