ファジアーノ岡山、2015補強診断。昨季終盤大失速。元代表とともに昇格へ

ファジアーノ岡山、2015補強診断。昨季終盤大失速。元代表とともに昇格へ
ファジアーノ岡山 2015シーズン予想フォーメーション
昨季は終盤大失速。今季は元代表を加えて飛躍の年に

 フットボールチャンネルでは開幕に向けて、J2各クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、昨季8位でシーズンを終えたファジアーノ岡山を取り上げる。

 昨季は8節から18試合無敗と快進撃を続け、36節までプレーオフ圏内をキープしたが、そこからまさかの大失速。39節までの4連敗もあり、最終順位は8位だった。

 負傷者の穴を埋められず、守備が崩壊してしまったのだ。最後の7試合で12失点を喫し、上位陣との地力の差をまざまざと見せつけられた試練の年だった。

 それでもJ1昇格を現実的な目標として設定できるまで力をつけてきたのは事実だ。5年間指揮を執った影山雅永監督は退任したが、長澤徹コーチが昇格する形で新監督に就任した。

 これまで作り上げてきたチームのベースはそのままに確実な戦力アップを遂げ、今季こそ悲願のJ1昇格を目指す。

補強面と総合力それぞれの診断結果

補強評価 A
加地と岩政、元代表の影響力は絶大。“ネクスファジ”からの突き上げも

 今季はクラブ史上初めて日本代表経験のある選手を獲得した。アメリカから帰還した加地亮とタイから戻ってきた岩政大樹の好影響はすでに表れはじめており、若い選手たちが積極的にコミュニケーションを取ることで組織力が目に見えて向上した。

 プレシーズンマッチではJ1の新潟を完封して勝利を挙げた。オフシーズンに昨季の主力である上田康太や後藤圭太、石原崇兆、荒田智之といった選手たちがチームを去ったが、チーム力は昨季以上かもしれない。


あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2015年2月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ザスパクサツ群馬」のニュース

次に読みたい関連記事「ザスパクサツ群馬」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜FC」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜FC」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「水戸ホーリーホック」のニュース

次に読みたい関連記事「水戸ホーリーホック」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。