欧州で最も高額スター選手を輩出しているクラブはサウサンプトン

欧州で最も高額スター選手を輩出しているクラブはサウサンプトン
サウサンプトンが、欧州の移籍市場で最も若手スター選手を高値で輩出しているクラブと明らかに【写真:Getty Images】

 FIFA(国際サッカー連盟)の教育研究機関、CIES(スポーツ研究国際センター)の新たな統計によると、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが、欧州の移籍市場で最も若手スター選手を高値で輩出しているクラブであることが明らかとなった。10日の英紙『メール』などが報じた。

 CIESは過去3年間でUEFA(欧州サッカー連盟)所属のクラブが生え抜きの選手を放出する際に獲得した移籍金総額を発表し、昨夏の移籍市場でイングランド代表のDFルーク・ショウ(マンチェスター・ユナイテッド)、DFカラム・チェンバーズ(アーセナル)、MFアダム・ララーナ(リバプール)らを高額で放出したサウサンプトンが9020万ユーロ(約117億3000万円)でトップに立った。

 2位にはベルギー代表MFエデン・アザール(チェルシー)やフランス代表DFマチュー・ドビュシー(アーセナル)らを輩出したリーグ1のリールが7600万ユーロ(約98億8000万円)で続き、3位以下にはラリーガのレアル・ソシエダ(6220万ユーロ=約80億9000万円)とセビージャ(5150万ユーロ=約67億円)、日本代表香川真司が所属するブンデスリーガのドルトムント(4350万ユーロ=約56億6000万円)が続いた。

 一方、国別でみると、フランス・リーグ1が2億9200万ユーロ(約379億6000万円)でトップに立ち、2位以下はスペイン・リーガエスパニョーラが2億7600万ユーロ(約358億8000万円)、イングランド・プレミアリーグが2億2700万ユーロ(約295億1000万円)、ドイツ・ブンデスリーガが1億6300万ユーロ(約211億9000万円)、イタリア・セリエAが1億1400万ユーロ(約148億2000万円)だった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2015年3月11日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。