”日本サッカーの父”90歳の誕生日にドイツの皇帝が祝辞

”日本サッカーの父”90歳の誕生日にドイツの皇帝が祝辞
90歳の誕生日を迎えたデットマール・クラマー氏【写真:Getty Images】

 ”日本サッカーの父”と呼ばれ、東京五輪の躍進、メキシコ五輪の銅メダル獲得に大きく貢献、日本サッカーの礎を築いたデットマール・クラマー氏が4日、90歳の誕生日を迎えた。

 同氏の誕生日に際し、ドイツの皇帝と呼ばれたフランツ・ベッケンバウアー氏がドイツ紙『ビルド』を通じて祝辞を述べている。

 同氏は「私はデットマールが、まだ元気に長生きできることを祈っています」と、90歳を迎えたクラマー氏へ健康と、更に年齢を重ねて長生きできることを望んでいる。

 90歳という高齢と、さらに小さな手術を行った後で少し弱っているということもあり、大きなお祝いは行われないという。

 1975、76年にバイエルン・ミュンヘンを率いてUEFAチャンピオンズカップ(チャンピオンズリーグの前身)を連覇したクラマー氏。ベッケンバウアー氏とは1963年にユース代表のコーチとして初めて対面した。

 ベッケンバウアー氏は当時を振り返り、「彼と一緒の部屋で過ごすことがあったのなら、私は眠ることが出来なかっただろう。それぐらい怖かった」と、明かしている。

 また、試合前のミーティングが相当長かったようで「みんな理解することが出来なかったよ。あのゼップ・マイヤーでも」と話し、「デットマールは対戦相手のどんな小さな情報でも知っていた」と、相手の分析を綿密に行っていたようだ。

 相手の細かな分析に時間を費やし、”ナポレオン”と呼ばれるほど眠らなかったと同紙は形容している。

 さらにベッケンバウアー氏は「この経験は私が監督になった際に大きく役に立った」と、話している。

 ドイツの皇帝すらも手本としていた日本サッカーの父。まだまだ長生きし、2020年に行われる東京五輪でもう一度日本サッカーの勇姿を見届ける事を期待したい。

あわせて読みたい

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2015年4月4日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら