インテル、破産パルマにホームでドロー。負傷明けの長友はベンチ入り

インテル、破産パルマにホームでドロー。負傷明けの長友はベンチ入り
先制ゴールを挙げるMFグアリン【写真:Getty Images】

【インテル 1-1 パルマ セリエA第29節】

 イタリア・セリエAの第29節が現地3日に各地で行われ、日本代表のDF長友佑都が所属するインテルは、ホームでパルマと対戦した。

 インテルは前節、敵地でサンプドリアと戦い、0-1で敗戦。ここ4試合は勝利がなく、10位に沈んでいる。残り10試合でヨーロッパリーグ出場圏内に勝ち点10差と厳しい状況が続くが、破産宣告された最下位のパルマが相手だけに勝ち点3を獲得したい。

 試合は始まると、インテルに最初の決定機が訪れる。13分、エリア内右から出たパスにFWシャキリが走り込んでダイレクトで合わせるも相手GKに止められる。

 すると、インテルが早々に先制する。25分、MFグアリンがエリア手前正面から右足を振り抜くと、シュートは相手DFに当たって軌道が変わり、そのままゴールに吸い込まれた。パルマの3バックはうまく相手の攻撃に対処していたが、ゴール前に開いた一瞬のスペースをつかれ失点を喫してしまった。

 しかし、パルマは前半の間に追いつくことに成功する。44分、FWベルフォディルのキープからゴール前で人数をかけた崩しを見せると、最後はFWヴァレラのクロスに飛び込んだMFアンディ・リラが頭でゴール左上にねじ込んだ。

 前半は1-1でハーフタイムを迎える。インテルはMFコバチッチ、パルマはFWゲザルを投入する。

 後半に入ると、インテルにまず決定機。53分、DFジュアンが左サイドからクロスを上げると、コバチッチがエリア内でダイビングヘッドを放つも枠を捉えきれず。


あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2015年4月4日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。