ラグビーの祭典がいよいよ日本で。 サッカーと“二刀流”だった選手も

ラグビーの祭典がいよいよ日本で。 サッカーと“二刀流”だった選手も

文 田島 大

同じフットボール、二刀流も少なくない

 今月20日に日本でラグビーのワールドカップが幕を開ける。同じ“フットボール競技”の一種ということで、今回のW杯を楽しみにしているサッカーファンも少なからずいるのではないか。

 いわゆる“兄弟スポーツ”なのだから、若い頃にはサッカーとラグビーを両天秤にかけていた選手も実は少なくない。有名なところでは、今夏アーセナルからユベントスに移籍したウェールズ代表MFアーロン・ラムジーがそうである。

ラグビーの祭典がいよいよ日本で。 サッカーと“二刀流”だった選手も

元アーセナルのラムジーは、ラグビーでも優秀な選手だった元“二刀流”

 彼の場合、学生時代にサッカー、ラグビー、陸上で好成績を残しており、ラグビーではフライハーフ(スタンドオフ)として活躍。「ラグビーを選んでいても成功したはず」と過去に『Daily Mail』紙のインタビューで語ったことがある。

 このように、ラグビーが国技のウェールズでは“二刀流”は少なくないのだ。レアル・マドリーのギャレス・ベイルも、学生時代にはラグビーを含む複数のスポーツを試したという。だが彼の場合はラグビーの元ウェールズ代表サム・ウォーバートンと同級生だったせいか、「僕は細かったのでラグビーは違うなと思った……」と、すぐにサッカーに専念したそうだ。

 反対に、サッカーからラグビーに転向する選手も多い。ラグビーができる環境が少ない日本ではよくある話だ。前回大会で一躍時の人となった五郎丸歩もそうだし、今大会の活躍が期待されるスタンドオフの田村優もそうだという。海外にもそういう選手はおり、「チーター」の愛称で知られる、フランス代表のセンター、ウェスレイ・フォファナ(31歳)も元サッカー小僧だったという。


あわせて読みたい

footballistaの記事をもっと見る 2019年9月15日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら