八百長事件の判決ついに出る。アギーレと選手36人は無罪に

八百長事件の判決ついに出る。アギーレと選手36人は無罪に

文 木村浩嗣

 ハビエル・アギーレ(現レガネス監督)が日本代表監督を解任される原因となったレバンテvsサラゴサ八百長事件の判決が、12月9日についに下された。42人の被告人のうち、私文書偽造罪で懲役1年3カ月の有罪判決を受けたのは当時サラゴサの会長だったイグレシアスと役員だったボルケラの2人だけで、残りの40人は証拠不十分で無罪となった。

 40人の内訳は、法人であるサラゴサ、当時サラゴサの監督だったアギーレ、同役員の人物、同スポーツディレクターの人物、選手36人(同試合の招集メンバー全員)である。

 試合があったのが2011年5月で、ラ・リーガが告発したのが2013年3月、検察が起訴したのが2014年12月、アギーレが日本代表監督を解任されたのが2015年2月、裁判が始まったのが同年3月、その後、中断を経て2019年9月に再開され、今回の第一審判決まで、足かけ9年半の長い道のりだった。

試合前に不可解な金の動き

 疑惑の概要も紹介しておこう。

 同試合はレバンテが残留確定済み、サラゴサが残留するには勝ち点3が必要という状況で行われた。レバンテはホームで最悪の試合をし、ガビ(元アトレティコ・マドリー)の2ゴールでサラゴサが勝利した。

 レバンテの無気力ぶりはスタッツにも表れており、それが疑われた理由の一つなのだが、もちろん無気力試合は罪ではない。単にスポーツマンシップに反しているだけで、よく見かける光景である。目標達成後にモチベーションが下がり、練習日を減らし、メンバーを落とすバケーションモードに入ってしまうのは、犯罪ではない。


あわせて読みたい

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。