西野朗監督率いるタイの躍進に貢献。ベン・デイビスの数奇なキャリア

西野朗監督率いるタイの躍進に貢献。ベン・デイビスの数奇なキャリア
拡大する(全1枚)

文 田島 大

 U-23日本代表は残念な結果に終わったが、今回のAFC U-23アジアカップでは、他のチームにも気になる選手がいる。それが西野朗監督率いるタイ代表のMFベン・デイビス(19歳)だ。

 名前を見れば分かる通り、彼は現在イングランド2部のフルアムに在籍する英国系の選手だ。英国人の父を持ち、タイで生まれたあとシンガポールで育ち、2016年に父の故郷であるイギリスに移ると、翌年にフルアムのアカデミーに加入した。

 長短のパスを蹴り分けてゲームを組み立てるプレーメーカーは、シンガポールの年代別代表で活躍し、2018年にはA代表にも招集された(試合には出場せず)。2019年8月にはリーグカップでトップチームデビューを飾るなど、何もかも順調そうに思われたが、彼は避けては通れない大きな壁にぶつかることになる。それがシンガポールの徴兵制度だ。

例外がほぼ認められない兵役義務

 シンガポールでは18歳の男性に2年間の兵役が義務付けられており、進学以外の理由で兵役の延期が認められることは皆無に等しいという。数少ない例外の1人が2016年のリオデジャネイロ五輪でシンガポール史上初の金メダリストになった水泳のジョセフ・スクーリングだが、彼の時でさえ兵役延期に批判の声が上がったほどだ。

 デイビスも延期を申し出たが、やはり認めてもらえなかった。2018年7月にフルアム(当時はプレミアリーグ所属)とプロ契約を交わし、シンガポール人初のプレミア契約選手となったが、「兵役延期の条件は満たさない」と判断されてしまった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク