新型コロナウイルス対策に向けて1つになったブラジルサッカー界

新型コロナウイルス対策に向けて1つになったブラジルサッカー界

 新型コロナウイルスの感染状況が深刻化し、ブラジルでも日を追うごとに市民生活への影響が大きくなっている。サッカーも例外ではなく、3月15日を最後に南米大陸や、ブラジルの国単位、州単位のすべての大会が、再開の目処も立たないまま中断・中止されている。

スタジアム、メディアが対策に貢献

 そんな中、この事態に対して「サッカーで貢献できること」が常に模索されている。その1つが施設の利用だ。

 リオデジャネイロではボタフォゴのホームスタジアムであるニウトン・サントス、サンパウロではアレーナ・コリンチャンス、ブラジリアではマネー・ガリンシャ・スタジアム、クリチーバではアレーナ・ダ・バイシャーダ、ベロ・オリゾンテではミネイロンといったワールドカップや五輪の舞台となったスタジアムをはじめ、各地のスタジアムや各クラブのトレーニングセンターなど、多くの施設が新型コロナウイルスへの対応に必要な目的に使用されるよう申し出された。

 実際、マネー・ガリンシャ・スタジアムは利用方法を検討中。アレーナ・コリンチャンスは献血会場として利用される。サンパウロのパカエンブー・スタジアムでは、202のベッドを備えた仮設の医療センターをピッチに建設中で、4月第1週から稼働させる予定となっている。

 感染拡大を防ぐべく不要不急の外出を避ける生活に、サッカーメディアも貢献している。

 ブラジルではサッカーを扱うスタジオ生放送の番組が多いのだが、コメンテーター陣や、番組によっては司会者も含めた全員が、それぞれの自宅からスカイプなどのコミュニケーションツールを通して出演している。ゲストの現役選手や元選手たちも、同様の方法で生放送のトークに参加している。


あわせて読みたい

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月28日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。