ローマ売却は成立するか? コロナウイルス禍により交渉も停滞中

ローマ売却は成立するか? コロナウイルス禍により交渉も停滞中

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、リーグ戦停止はおろか各チームともに練習も止まっているセリエA。クラブの売却交渉も同様に停滞している。

 アメリカにおけるトヨタの5大販売網の一つ『ガルフ・ステーツ・トヨタ(GST)』のチェアマン、ダン・フリードキン氏によるローマ買収が直に影響を受けているのではないか、という懸念が高まっている。

当初の条件が大幅に変更され…

 「ウイルスがフリードキンを驚かせた」。イタリアのメディアでこのニュースが流れたのは3月初旬のこと。ジェームス・パロッタ会長との間で保有権譲渡についての交渉が進み、サインを締結するという話になっていたものの、3月3日に予定されていたとされる会談が延期になった。

 そのまま交渉から撤退か、というニュースも流れたが、パロッタ会長は3月30日、地元ラジオに対して「フリードキン氏への保有譲渡への可能性は常にある」と交渉の継続をアピールしていた。

 だが、同日の『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、フリードキン氏はCOVID-19感染前に提示していた7億ユーロの評価額から1億ユーロを減額して水面化で提示していたという。

 そして4月2日、フリードキン氏が正式に提出したオファーは、保有権のうち51%を獲得する意思を示した、というものだった。クラブの売却でおよそ9000万ユーロ分のキャピタル・ゲインを期待していたというパロッタ会長は、「これでは利益がない」と1回目のオファーを断ったという。


あわせて読みたい

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月7日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。