年代別ドイツ代表は「監督3人制」。連盟責任者が語る新たな5つの仕組み(前編)

年代別ドイツ代表は「監督3人制」。連盟責任者が語る新たな5つの仕組み(前編)

 2019年のU-21欧州選手権を勝ち上がり、ドイツ代表は2021年の東京オリンピックに出場する。

 とはいえ、アンダーカテゴリーの代表チームで最も結果を残しているのはスペインだろう。選手のクオリティでいえば、フランスの選手たちは若くして欧州トップリーグへと移籍し、10億円単位の移籍金を残している。イングランドの追い上げも急ピッチで進み、ジェイドン・サンチョのような選手がブンデスリーガに登場している。

 以前『フットボリスタ』でも紹介したように、ドイツの育成年代の指導者たちは危機感を抱いている。こういった状況の中、ドイツサッカー連盟もアンダーカテゴリー代表の仕組みについて変更を行った。5月20日の『シュポルトビルト』では、ドイツのアンダーカテゴリー代表全体を統括するマイケル・シェーンバイツが、そのプログラムについて説明している。

特色の異なる3人がチームを結成

 シェーンバイツは、ヘッセン州選抜チームの監督を経て、岡崎慎司武藤嘉紀が所属したマインツでU-17監督として活躍した。

 この活躍が認められ、当時ドイツサッカー連盟でテクニカルディレクターだったハンジ・フリック(現バイエルン監督)に雇い入れられる。現在40歳と比較的若いが、U-16からU-20までの代表監督を、毎年1年ずつカテゴリーを上げながら担当し、その経験を生かして現在の役職に就いている。

 この経験から導き出されたのが、次に紹介する5つの“仕組み”だ。


あわせて読みたい

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月28日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。