「選手たちは成長を続けている」。前監督が見た今のRBライプツィヒ

「選手たちは成長を続けている」。前監督が見た今のRBライプツィヒ
拡大する(全1枚)

 2016年から2018年にかけてRBライプツィヒを率いたラルフ・ハーゼンヒュットゥル。現在はサウサンプトンの監督として長期計画に携わる指揮官が、自身が以前に率いたチームについてコメントを残した。

 イングランドの“マネージャー”としての役割を務める上で、ラルフ・ラングニックの仕事をすぐ近くで見られたことは大きく役立っているという。またユリアン・ナーゲルスマンが率いる現在のチームは、ハーゼンヒュットルの目から見てもスリリングなようだ。『シュポルトビルト』が6月10日に報じている。

「ナーゲルスマンのチームを好んで見る」

 ナーゲルスマンが率いるチームを「とても気に入っている」と話すハーゼンヒュットルは、彼らの試合を好んで見るという。さらに「ナーゲルスマンのコーチングを聞くのはとても楽しい」と付け加える。同業者がタッチライン際でどんな指示を出すのかは、やはり気になるようだ。

 「ナーゲルスマンは素晴らしい仕事をしている」と称賛する前任者は、選手たちの成長も見て取れると言う。今季は3バックも併用するチームで、マルセル・ハルステンベルク、ダヨ・ウパメカノらと最終ラインで広いスペースをカバーするルーカス・クロースターマンはそのうちの1人だ。

 ハーゼンヒュットル、ラングニックの下では主に右SBを主戦場としており、ドイツ代表でも手薄なサイドバックを埋める存在として定着した。だが、ウィリー・オルバン、イバフラヒマ・コナテらケガ人が重なったことで、ライプツィヒに来るまでプレーしていたCBとして再び活躍を見せている。


当時の記事を読む

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月27日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。