セリエAでまたも経営権譲渡。ジェノア、アメリカ投資会社の手に渡る

セリエAでまたも経営権譲渡。ジェノア、アメリカ投資会社の手に渡る
拡大する(全1枚)

 ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長がクラブを手放した。9月22日、アメリカの投資会社『777パートナーズ』に全株式を売却する旨のサインを行い、翌23日に譲渡が正式に発表された。2003年にクラブの会長に就任し、2007年から14年間に渡って途切れることなくセリエAに残留させてきた実業家は、18年間のクラブ経営に終止符を打った。

様々な話題を振りまいた

 プレツィオージ会長はこれまで何度かクラブの売却を試みており、2017年には一旦、株式譲渡を発表したこともあった。玩具販売業を中心とする本業の持株会社の運営もグローバル経済の縮小によって困難な局面に直面しており、ジェノアの運営コストが経営を圧迫していたこともたびたび報じられていた。

 地元紙の報道によれば、このたび経営権を取得した『777パートナーズ』からは現在ジェノアが抱える負債分も含めた1億5000万ユーロ(約193億円)以上の金額が支払われる一方、アレッサンドロ・ザルバーノCEO以下経営陣はすべて残留。プレツィオージ会長は経営から退く一方、向こう3年間は指南役としてクラブとの関わりを持ち続けるのだという。

 2003年、当時セリエCに降格し経営危機に直面していたジェノアを救い、そこからセリエAへと導くと、最高位は5位。現在はアタランタを強豪の一角に育て上げたジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の登用、ディエゴ・ミリートやロドリゴ・パラシオの発掘、またチアゴ・モッタなど故障の影響で一旦スターダムから退いた選手の再生など、現代のイタリアサッカー界には少なくない影響をもたらした。


あわせて読みたい

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク