ハフィーニャ、鮮烈なセレソンデビュー。ネイマール依存を軽減できるか

ハフィーニャ、鮮烈なセレソンデビュー。ネイマール依存を軽減できるか
拡大する(全5枚)

 国内のメディアとサポーターを大いに盛り上がらせる、ブラジル代表の新人が現れた。24歳のFWハフィーニャ(リーズ)だ。

デビュー戦から活躍

 ドリブル。フェイント。ワンツー。味方を生かす。相手のファウルを誘う。自らシュートもする。さらに「彼の存在によって、ブラジルは縦への動きとスピーディーでダイナミックな攻撃が増えた」「チームはボールを奪われても素早く奪い返し、30秒かからずにフィニッシュまで持ち込んでいる」

 2022年W杯南米予選第12節ブラジルvsウルグアイ戦での4-1の勝利の後、ブラジルの報道を飾った、ハフィーニャのプレーと彼が生み出したチームへの効果を絶賛する言葉の数々だ。

 ハフィーニャは2021年9月のFIFA国際Aマッチデーで初招集されたものの、イギリスのパンデミック水際対策の影響でクラブから代表への派遣が許可されず、今回の3連戦で代表初合流を果たした。

ハフィーニャ、鮮烈なセレソンデビュー。ネイマール依存を軽減できるか

9月シリーズでは代表派遣の許可が下りず、今回が初の代表合流となった Photo: Lucas Figueiredo/CBF)

 デビュー戦は、ブラジルがアウェイで3-1の勝利を収めた10月7日のベネズエラ戦。ネイマール(パリ・サンジェルマン)を出場停止で欠く中、0-1のビハインドで迎えた後半から出場し、主に右サイドでチャンスを作り始めた。

 66分には、ハフィーニャが蹴ったCKをマルキーニョス(PSG)がヘッドで決めて同点に。84分のガビゴウ(フラメンゴ)のPKでのゴールでは、ビニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)との連携で、そのPKに結びつく攻撃を展開。さらにアディショナルタイムには、同じくフル代表デビューを飾ったアントニー(アヤックス)のゴールをアシストした。


この記事の画像

「ハフィーニャ、鮮烈なセレソンデビュー。ネイマール依存を軽減できるか」の画像1 「ハフィーニャ、鮮烈なセレソンデビュー。ネイマール依存を軽減できるか」の画像2 「ハフィーニャ、鮮烈なセレソンデビュー。ネイマール依存を軽減できるか」の画像3 「ハフィーニャ、鮮烈なセレソンデビュー。ネイマール依存を軽減できるか」の画像4
「ハフィーニャ、鮮烈なセレソンデビュー。ネイマール依存を軽減できるか」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ネイマールのプロフィールを見る
footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ネイマール」に関する記事

「ネイマール」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ネイマール」の記事

次に読みたい「ネイマール」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク