ブレーブスにあやかりたいアトラス。22年ぶりのリギージャ決勝進出なるか

ブレーブスにあやかりたいアトラス。22年ぶりのリギージャ決勝進出なるか
拡大する(全1枚)

 年末が迫り、日本ではJリーグや日本プロ野球のシーズンが佳境を迎えている。年をまたがないシーズンを採用しているアメリカも同様で、MLSはプレーオフにあたるMLSカップ・プレーオフへの出場チームが決まりつつある一方、MLBではアトラアンタ・ブレーブスとヒューストン・アストロズがワールドシリーズを戦っている。そして、その一角であるブレーブスのワールドシリーズ出場を、なぜかメキシコのリーガMX、アトラスのファンが喜んでいるという。

マルケス擁するチームで…

 ブレーブスがワールドシリーズに出場するのは、1999年以来、実に22年ぶりとなる。当時のブレーブスはグレッグ・マダックスやトマス・グラビン、ジョン・スモルツといった好投手を擁したチーム。しかしデレク・ジーターやバーニー・ウィリアムらが主軸を務めたニューヨーク・ヤンキースと対戦し、4連敗で惜しくも優勝を逃すこととなった。

 一方のアトラスも1999年の夏季リーグにリギージャ(レギュラーシーズン終了後のプレーオフ)の決勝に進んだが、以来22年間、同じ舞台にたどり着いていない。当時のチームを率いていたのは、メキシコで確かな実績を残すリカルド・ラ・ボルペ。チームには欧州へのステップアップを果たす直前のラファエル・マルケスがいた。

 決勝の相手はトルーカで、こちらも名将エンリケ・メサが率いており、パラグアイ代表でも活躍したホセ・カルドソがエースに君臨していた。試合は第1レグ3-3、第2レグ2-2で決着がつかず、PK戦4-5という激戦で惜しくも敗れた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク