シェフチェンコ就任決定! ジェノアの命運は“ウクライナの矢”に託される

シェフチェンコ就任決定! ジェノアの命運は“ウクライナの矢”に託される
拡大する(全1枚)

 ジェノアは11月6日、ダビデ・バッラルディーニ監督を成績不振により解任。翌7日、後任として元ウクライナ代表監督のアンドリー・シェフチェンコ氏を招聘することを発表した。シェフチェンコは8日にもイタリアに入国し、正式にサインをするという。

ネームバリュー重視の人選

 クラブの成績は開幕から低迷。第12節を終了した時点で1勝6分5敗、勝ち点9しか稼げず、降格圏手前の17位に沈んでいる。バッラルディーニ監督に対する経営陣の評価は低く、地元紙の報道ではジェンナーロ・ガットゥーゾ氏にも監督就任の打診がなされていたという。

 11月5日に行われた第12節のエンポリ戦では終盤に追いつき敗北は逃れたものの、評価は変わらずに解任となった。

 ジェノバを本拠とする一般紙『イル・セーコロ・デーチモノノ』などの地元紙によれば、先日エンリコ・プレツィオージ前会長からクラブの経営権を取得した投資会社の『777パートナーズ』は、海外にも通じるネームバリューを熱望。元シャルケ監督のドメニコ・テデスコ氏やユベントスの前監督だったアンドレア・ピルロ氏なども検討した結果、最終的にシェフチェンコ氏に白羽の矢を立てたという。

ミラニスタたちも反応

 かつてミランで活躍し、2004年のバロンドールにも選出されたスターは、ウクライナ代表監督としてEURO2020での8強入りに貢献。その後は契約満了に伴って退任し、フリーとなっていた。そんなシェフチェンコには元ミラン副会長のアドリアーノ・ガッリアーニ氏のいるセリエBモンツァからも声がかかっていたものの、セリエA挑戦の意欲が勝ってジェノアと合意に達し、3年契約を締結した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク