グーグル傘下「ディープマインド」がゲーム開発企業Unityと提携

グーグル傘下「ディープマインド」がゲーム開発企業Unityと提携
2014年にグーグルが買収した英国の人工知能(AI)開発企業「ディープマインド」が、ゲーム開発プラットフォームの「ユニティテクノロジーズ(Unity)」と提携を結んだ。ユニティのプラットフォームは世界のモバイルゲーム開発者の半数が利用している。

「ユニティは今後、ディープマインドの深層強化学習テクノロジーを次の次元に引き上げる試みを行っていく」と同社でAI担当バイスプレジデントを務めるDanny Langeは10月10日、フォーブスの取材に応えた。

ユニティは自社でもAIエージェントのトレーニングツールキット「ML-Agents」を発表している。今回の提携によりディープマインドの研究者らが、ユニティのプラットフォーム内の仮想空間をAI研究に活用できることになる。

Langeによると「ディープマインドの研究チームは、巨大な3Dシミュレーション空間のなかで、複雑なアルゴリズムを開発できるようになる」という。

「仮想空間のなかでロボットに家事のトレーニングをしたり、自動運転車両のテスト走行を行うことも可能になる」と彼は続けた。

ディープマインド側は今回の提携に関してコメントを発表しておらず、両社のパートナーシップがどのような具体的成果につながるかは不明だ。

ディープマインドはAI分野で最も先端的な企業として知られ、独学でゼロから囲碁を学ぶAIの「アルファ碁」を開発。2016年には韓国のトップ棋士を打ち負かした。しかし、同社は長年にわたり収益を生み出せていない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Forbes JAPANの記事をもっと見る 2018年10月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。