これからが第二章 「モテのカウンターカルチャー」を創りたい|ハヤカワ五味

これからが第二章 「モテのカウンターカルチャー」を創りたい|ハヤカワ五味
若い女性から圧倒的な支持を得るアパレルブランドを展開するファッションデザイナー「ハヤカワ五味」こと稲勝栞。若手女性起業家の彼女が創業から丸4年を経て得た、起業家としての素養、ブランドの育て方などについてドリームインキュベータ村上が聞いた。(全3話)

「青春経営コメディ」から「仕組みで結果を出す」フェーズへ

──ブログでは、これからが「第二章」だと発言されていました。その意味についてお教えください。

これまで(第一章)は、色々失敗して、ハチャメチャして、たくさん学んだフェーズでした。このフェーズの成果発表として、ラフォーレ原宿への出店があったと思います。第一章のタイトルをつけるなら「ハチャメチャ青春経営コメディ」みたいな感じでしょうか。(笑)

とはいえ、ひとりの力で運営していては、絶対にどこかでブランドは終わってしまいます。今のブランドにお客様がいる限り続けていきたいと考えた時に、半永久的に継続して自然にブランドが回る仕組みを作りたいと思いました。

これからの「第二章」は、しっかり組織で結果を出すフェーズだと思っています。材料は「第一章」で揃ったので、会社という仕組みでブランドの哲学を広めていくフェーズが「第二章」です。そういう意図もあり、売上目標を立てたり、最近やたら真面目な情報発信をしているわけです。(笑)

──就職活動もされていたと聞きました。経営を続ける決心をされた決め手はどのようなことだったのでしょうか?

あわせて読みたい

Forbes JAPANの記事をもっと見る 2018年10月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。