新年の抱負をやめるべき理由と、代わりにすべきこと

新年の抱負をやめるべき理由と、代わりにすべきこと
新年の抱負の裏側にある心理には欠陥がある。新年の抱負をたてても、行動の持続的変化にはつながらない。なぜなら、モチベーションを高めてそれを行動や変化に変えるような仕組みになっていないからだ。

ダイエットをする、未読メールをなくす、運動をする、飲み過ぎをやめる、感謝の心を持つ、といった抱負は、挫折に終わる運命にある。新年の抱負は結局うまくいかないので、気分を憂鬱にさせるものだ。新年の抱負の80%が2月までに放棄されているともされる。

新年の抱負を達成できないと、自分が落ちこぼれであったり、負け犬や怠け者であったりするように感じる。そして、あまりにも早く思い切り失敗するため(皆さんの中にも、今年は減量すると決めた5時間後に、新年のパーティーで大食いをしていた経験がある人がいるのではないだろうか?)自分を変えることをいとも簡単に諦めてしまう。

新年の抱負はだいたい次の3種類に分けられる。まず、これまでやりたがらなかったことをやること(受信ボックスの雑多なメールを片づける、など)。次に、自分をいい気分にしてくれること(食事、飲酒、喫煙など)をやめること。そして、自然にできないことをし始めること(日記をつける、感謝を示す、運動する、など)。

繰り返し慣れ親しんできた行動を変えたり、慣れない行動をしたりするのは、とても難しい。

新年の抱負が失敗する理由

・自分がとる行動は、単なる習慣ではない。複雑な心理的、社会的、そして神経回路上のシステムに深く根付いたものだ。行動というのは、性格や気質、さまざまな感情的・身体的ニーズ(過去、現在を問わない)、経験、無意識の神経化学的なフィードバックループによって作り上げられる複雑な構築物だ。...続きを読む

あわせて読みたい

Forbes JAPANの記事をもっと見る 2019年1月12日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。