フレブルオーナーは、なぜ個性的な人が多いのか。勝手に考察してみた

フレブルオーナーは、なぜ個性的な人が多いのか。勝手に考察してみた

ペット業界には「フレブルオーナーっぽい」という言葉があります。それはヒトコトで言えば、個性的な人。獣医師やドッグトレーナーたちは、あなたがフレブルを連れて行ったとき「やっぱりね」と思っていることでしょう。

しかし…そもそもフレブルオーナーは、なぜ個性的な人が多いのでしょうか。

過去10年間の取材やイベントで出会ってきた人々、そして筆者(フレブルオーナー)の経験をもとに勝手に考察してみました。

①「カワイイ」の認識が一般とズレている

フレブルオーナーは、なぜ個性的な人が多いのか。勝手に考察して...の画像はこちら >>

immstudio/shutterstock

世の中には800以上の犬種がいるわけですが、一般的に「カワイイ」とされる代表がトイプードルやチワワ。

片手で抱っこできるような小ささ、丸くて黒目がちな瞳、ふわふわな被毛。

たしかに誰が見ても「カワイイ」と思うのはうなずけます。

一方我らがフレンチブルドッグは、つぶれた鼻、ぽってりしたお腹、大きな口etc…。

世間的には「ブチャイク」なんて言われています。

でもちょっと待ってくれ、我々フレブルオーナーは「それをカワイイ」と思っているわけです。

フレンチブルドッグはあの見た目であの性格だからカワイイ。

けれど…冷静に考えてみると、これは世間の「カワイイ」とは感覚がズレていることになります。

だって、一般的にブチャイクな存在を「本気でカワイイ」と思っているわけですから。

あなたがフレンチブルドッグに恋をした時点で、すでに「変わっている認定」をされているというわけですね。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

French Bulldog Lifeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク