セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーとの交際で負った「心の傷」を明かす
拡大する(全3枚)

セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーとの交際で負った「心...の画像はこちら >>



シンガーのセレーナ・ゴメスが、元恋人でシンガーのジャスティン・ビーバーとの関係が終わった時のことや、彼との交際によって負った心の傷について振り返った。(フロントロウ編集部)



「終わり方」への不満をぶつける



 一時的な活動休止期間を経て、先日、待望のニューアルバム『レア(Rare )』をリリースしたセレーナ・ゴメスが、元恋人でシンガーのジャスティン・ビーバーとの関係が終わった時に感じた“不満”や、ジャスティンとの交際によって心に負った傷について、米National Public Radioのインタビューで赤裸々に語った。



 ご存じの方も多いと思うが、セレーナとジャスティンはお互いに10代だった頃から、約10年間にわたってくっついたり離れたりを繰り返していた仲で、2018年7月にジャスティンがモデルのヘイリー・ビーバー(旧姓ヘイリー・ボールドウィン)との婚約を発表するほんの数ヵ月前まで、2人は交際していた。



セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーとの交際で負った「心の傷」を明かす



 これまでジャスティンに散々振り回されてきたセレーナが、昨年10月にリリースした「ルーズ・ユー・トゥ・ラブ・ミー(Lose You To Love Me)」は、腐れ縁ともいえるジャスティンとの関係に本当の意味で終止符を打つ内容になっている。この曲に込められた思いを聞かれたセレーナは、ジャスティンとの関係が終わりを迎えた時、「(相手への)敬意を持った終わり方ではなかったと感じたの。私のなかで『あの時それを言えばよかった』と思うことがいくつかあった」と言うと、続けて「美しい瞬間があったのは事実だし、それを否定するつもりはない。ただ、とても複雑な関係だったから、終わって良かったってことを歌ってるの」と明かし、同曲は過去に区切りをつけて前へ進むことを歌ったもので、憎しみの曲ではないと語った。


この記事の画像

「セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーとの交際で負った「心の傷」を明かす」の画像1 「セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーとの交際で負った「心の傷」を明かす」の画像2 「セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーとの交際で負った「心の傷」を明かす」の画像3