ブラッド・ピット、男らしさを“持たない”ほうが「愛する人と良い関係を築ける」

ブラッド・ピット、男らしさを“持たない”ほうが「愛する人と良い関係を築ける」



ブラッド・ピットが、「男らしさ」が人間関係に与える影響について、自身の思いを語った。(フロントロウ編集部)



ブラッド・ピットが「男らしさ」の教育に意見



 映画『アド・アストラ』で主演を務めるブラッド・ピットが、現在開催中のベネチア国際映画祭に出席した。



ブラッド・ピット、男らしさを“持たない”ほうが「愛する人と良い関係を築ける」



 今作は、ブラッド演じるロイ・マクブライドと、トミー・リー・ジョーンズ演じる20年前に失踪したロイの父親クリフォード・マクブライドの父子の関係が物語の軸。



 そんな作品への理解を深めるために、今作で監督を務めたジェームズ・グレイと「男らしさ」について考えを巡らせたというブラッド。そこで、自分たち男性が抱える問題点について、プレスカンファレンスで見解を明かした。



「僕たち(男性)は、強く、弱さを見せず、バカにされないように教育された時代に育った。この社会に生まれて個々の世界を持つかぎり、それ(教育)には確かな価値はあるけれど、その一方で、バリアも作ってしまう。なぜなら、苦しみや自分が恥だと感じるもの、そして人生の後悔を否定しているから。それがリアルであっても、想像上のものであっても」



ブラッド・ピット、男らしさを“持たない”ほうが「愛する人と良い関係を築ける」



 さらに、その考えから発展したこんな意見も飛び出したという。



「(監督との会話では)こんな考えもあったよ。(男として)よりオープンでいることは、自分の愛する人や両親、子供たち、そして自分自身ともっと良い関係を築けることになるんじゃないか?」



 男でも女でも、性別によって期待されることが違うことは長年問題視されているけれど、男性に男らしさを押しつけることを問題とする考えは、「トキシック・マスキュリニティ(Toxic Masculinity/有害な男らしさ)」と呼ばれ、ここ数年で議論のトピックとなっている。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年9月1日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ジョニー・デップ」のニュース

次に読みたい関連記事「ジョニー・デップ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トム・クルーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「トム・クルーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「オーランド・ブルーム」のニュース

次に読みたい関連記事「オーランド・ブルーム」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。