『ゴシップガール』の世界観はもう見られない?劇中に登場する人気スポットが姿を消す

『ゴシップガール』の世界観はもう見られない?劇中に登場する人気スポットが姿を消す



ドラマ『ゴシップガール』のゆかりの地ニューヨークで、お馴染みの人気スポットが次々と姿を消している。(フロントロウ編集部)



 2007年の放送開始から10年以上経った今も根強い人気を誇るドラマ『ゴシップガール』。先日にはスピンオフ作品の制作が正式に発表され、再び注目度を上げている『ゴシップガール』だけれど、その見どころのひとつといえば、その華やかな世界観。ドラマに登場したニューヨークのホテルやレストラン、カフェなどは人気スポットとして知られ、観光客が訪れることも多い。



『ゴシップガール』の世界観はもう見られない?劇中に登場する人気スポットが姿を消す



 そんなドラマのロケ地ニューヨークで、ドラマに馴染みのある場所が次々と姿を消している。



ヘンリ・ベンデル



 白と茶色のストライプがトレードマークのデパートとして知られるヘンリ・ベンデル。ニューヨークだけでなく全世界で人気だったけれど、2019年1月で全店舗を閉店した。



 劇中、ヘンリ・ベンデルのショッパーを手に笑顔を見せたセリーナ(ブレイク・ライブリー)とセリーナ母リリー(ケリー・ラザフォード)。



『ゴシップガール』の世界観はもう見られない?劇中に登場する人気スポットが姿を消す



 さらにヘンリ・ベンデルは、『ゴシップガール』の劇中に外観も登場。ショーウィンドウの前に現れたのは、オードリー・ヘプバーン姿のブレア・ウォルドーフ(レイトン・ミースター)。



『ゴシップガール』の世界観はもう見られない?劇中に登場する人気スポットが姿を消す



ディーン&デルーカ



 同ドラマで定番のスポット、メトロポリタン美術館の階段でブレアがよくテイクアウトして食べていたフルーツカップやコーヒーは、ニューヨーク生まれの高級グルメ食料品店ディーン&デルーカのもの。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年7月21日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。