ショーン・メンデス、一夜限りの来日公演で約1万2千人のハートをつかむ

ショーン・メンデス、一夜限りの来日公演で約1万2千人のハートをつかむ



シンガーのショーン・メンデスの一夜限りの来日公演に約1万2,000人の観客が熱狂。会場にショーンの「トーキョー!!!」というかけ声が何度も響き渡ったライブの模様をレポート!(フロントロウ編集部)



 



みんなで熱唱!ショーンと観客が一体に



 10月16日(水)に横浜アリーナでシンガーのショーン・メンデスの来日公演が開催。約1万2,000人のファンが集結した一夜限りの来日公演の記念すべき1曲目は、ここ日本が舞台のラブソング「ロスト・イン・ジャパン(Lost In Japan)」。曲の前奏とともにショーンがステージに登場すると、会場全体が一気に熱気に包まれた。



ショーン・メンデス、一夜限りの来日公演で約1万2千人のハートをつかむ

Photo:Sotaro Goto



 続く「ホールディン・ミー・バック(原題:There's Nothing Holdin’ Me Back)」では、ショーンの「トーキョー!ジャンプ!!!!」というかけ声を合図に、みんなで音楽に合わせて一斉にジャンプ。床から振動が伝わるほど激しいジャンプで会場のボルテージは早くも最高潮に。



 ショービズ界きっての“良い人”として知られるショーンらしく、まだコンサートが始まって間もない頃に、「今日は僕のライブに来てくれて本当にありがとう!君たちは僕にとって1番大切な存在だ」と、ファンに向けて感謝の言葉を口にする微笑ましい瞬間もあった。



 また、セットリストにはなかったが「ミューチュアル(Mutual)」に入る前に、カミラ・カベロとコラボした大ヒット曲「セニョリータ(Señorita)」の一部分だけ披露するサプライズも。すでにご存じだと思うが、ショーンとカミラは2度目のコラボとなるこの曲がきっかけで恋愛関係に発展し、交際をスタートさせた。恐らくそのことを知っているであろう観客からは、悲鳴にも近い黄色い声が。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年10月17日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。