じつは見落としがちな、若々しい美肌をキープするコツ

じつは見落としがちな、若々しい美肌をキープするコツ



美肌作りのために、様々な努力をしているという人は多いけれど、じつは意外な落とし穴に気がついていないという人も少なくないという。マドンナの専属皮膚科医を務める、米国の美容皮膚科サロンPFRANKMD & Skin Salonの創設者ポール・ジャロッド・フランクが、見落としがちな美肌作りの秘策を米メディアByrdieで紹介。(フロントロウ編集部)



1:食生活が美肌を作る



じつは見落としがちな、若々しい美肌をキープするコツ



 ポールが美肌の「1番の大敵」としてあげるのは、砂糖やアルコール、乳製品や加工食品の取りすぎ。とくに、加工食品に含まれる砂糖などは、肌荒れやニキビ、疲れ顔などの原因になると警告。



 ポールは、「オメガが豊富に含まれた魚やチアシードをはじめ、新鮮な食べ物を食べることでツヤとハリのある美肌が作れるようになるんだ」と、食べものが肌に大きな影響を与えると念を押している。これからは、食べ物を選ぶとき肌のことも思い浮かべるといいかも。



2:スキンケアはシンプルがベスト



じつは見落としがちな、若々しい美肌をキープするコツ



 肌に物足りなさを感じると、あれもこれもとスキンケアが増えていき、気が付いたらスキンケアタイムは大忙し、なんていう人もいるのでは?



 多くのスキンケアアイテムを使いすぎることによって、かえって肌に刺激を与えることもあると明かすポール。スクラブをしすぎたり、ビタミンAとビタミンCが含まれるスキンケアアイテムを同時に使ったりすると、肌が過剰に敏感になってしまい、日焼けを引き起こしやすくなってしまうそう。スキンケアは、あくまでシンプルに行なうことが美肌への近道だという。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年9月16日の女性コラム記事
「じつは見落としがちな、若々しい美肌をキープするコツ」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    近海で獲れる魚はセシウムを含んでる。さらに汚染水を海に放出するんだってさ馬鹿安倍晋三が。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら