「礼儀正しくするのをやめた」テイラー・スウィフトを怒らせた出来事とは?

「礼儀正しくするのをやめた」テイラー・スウィフトを怒らせた出来事とは?



シンガーのテイラー・スウィフトが米Time誌の「今年の人」に選出され、自身が被害にあったセクハラ事件について語った。



今年を代表する1人に



 米Time誌が毎年発表する「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に人気シンガーのテイラー・スウィフトが選出。



「礼儀正しくするのをやめた」テイラー・スウィフトを怒らせた出来事とは?

©instagram/Time



 今年は「沈黙を破った人」として、テイラーをはじめ、社会運動を行う活動家や政治家、ハリウッドの元大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインによるセクハラ被害を告発した女優のアシュリー・ジャドなど、性的暴行やセクハラを証言した女性たちが選ばれた。



 2013年に行ったコンサートのバックステージで、元ラジオパーソナリティのデヴィッド・ミューラーからお尻を触られたとして訴えを起こしたテイラーは、今年8月に行われた裁判で自ら証言台に立ち、勝利を手にした。



「礼儀正しくするのをやめた」テイラー・スウィフトを怒らせた出来事とは?



 そんなテイラーが「今年の人」に選ばれたことをうけ、同誌のインタヴューで自身が被害にあったセクハラ事件について口を開いた。



 「怒りを覚えたわ。あの裁判では法廷での礼儀なんか忘れて、ただ起こったことについて聞かれた通り答えることにしたの。私を襲った時点であの男には私に対する敬意なんてなかったし、彼の弁護士だって私の母に対して手加減しなかった。だったらどうして私が礼儀正しくする必要があるの?(言葉使いに気をつけることをやめたせいで)コロラドの連邦裁判所でケツ(Ass)って言葉が最も使われた裁判だったと聞いたわ」


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月7日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。