ファッション界で今年最もよく使われた英単語は意外にもアレ!トップ10も発表

ファッション界で今年最もよく使われた英単語は意外にもアレ!トップ10も発表

ハーヴェイ・ワインスタインの長年に及ぶセクハラ行為の被害者にはアンジェリーナ・ジョリーやグウィネス・パルトロー、カーラ・デルヴィーニュらの有名女優も。映画界全体を揺るがす大騒動となった。



 そんな流れを受け、ファッション界にもフェミニズム旋風が吹き荒れることに。



 多数の有名ブランドがパワフルなスローガンをプリントしたTシャツなどのアイテムを発表したほか、女性の強さを表す「Power Suit(パワー・スーツ)」や「Power Shoulder(パワー・ショルダー)」といったマスキュリンなファッションが流行したことも「パワー」という言葉が多用された一因となった。



ファッション界で今年最もよく使われた英単語は意外にもアレ!トップ10も発表

女性セレブたちの間で「パワー・スーツ」と呼ばれるキリッとしたスーツスタイルが人気に。



ファッション界で今年最もよく使われた英単語は意外にもアレ!トップ10も発表

有名ブランドのランウェイでも肩パッドなどでショルダーラインを強調し、強い女性像を表現した「パワー・ショルダー」デザインが目立った。左から、CÉLINE DKNY、MICHAEL KORSの2017春夏コレクションより。



  



 9位以下は以下の通りとなっている。



2. Woke(ウォーク)
(人種差別や性差別、社会問題などについて)詳しい、意識がある
3. Statement(ステートメント)
メッセージ性のある、存在感がある
4. Floral(フローラル)
花柄、フラワーモチーフ
5. Millennial(ミレ二アル)
ミレ二アル世代(1980年代から2000年代初頭までに生まれた人)
6. Extra(エクストラ)
やりすぎ、余分な、ド派手な
7. Masculine(マスキュリン)
男性らしい、男勝りの
8. Cult(カルト)
カルト的な人気がある、熱狂的な
9. Ugly(アグリー)
醜い、ブサイクな(Ugly Sweater/アグリー・セーター、Ugly Shoes/アグリー・シューズ
など、あえて悪趣味にしたデザインのアイテムがトレンドとなった)
10. Vegan(ヴィ―ガン)
毛皮や皮などの動物由来の素材を使用しないこと(完全菜食主義者という意味も)



 じつは、世相を色濃く映し出しているファッション界。2018年は一体どんなキーワードが流行するのか、今から注目だ。

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月26日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。